Topics
All
Categorys
Event
Project
Service
Award
Corporate
最新情報
| Project |
2019/03/08
new-project

ロードサイドにある商業施設を企画しています。できる限り収益アップを狙うために積極的に環境デザインを取り入れて、優しい設計アプローチを考えています。今の時代とこれからの未来に長く使われ、愛される施設が完成します。

このエントリーをはてなブックマークに追加
| Project |
2019/03/08
new-project

関西方面で新しいプロジェクトが進行中です。住宅の「面白さ」「楽しさ」をアピールし、ファッションなどと同じ感覚で、今の購買層の世代が多様性、自分達らしさ、アイデンティティを自由に表現できる住宅を提案することで時代のニーズに合致した「新しく・楽しい」不動産商品を提案しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
| Project |
2019/03/08
new-project

関東から少し離れた場所にあるカラマツに囲まれた計画地。ここで新しいプロジェクトが始まっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
| Service |
2019/02/09
right people, right place

ブログを更新しました。無難な素材や植栽の組み合わせは、不動産商品の価値を高めてくれない。購入層はもっと今以上にカッコよくてシンプルな商品を期待している。そんな今の時代のニーズに合わせて街づくりのコンセプトワークから素材選び、建築意匠の見せ方など適材適所の組み合わせがコンセプトを表現し、事業主の商品にかける想いを伝える商品づくりが必要だと感じています。そんな当たり前だけど、その無難な呪縛から離れられない安定志向を少しだけ改善する内容のブログ。ものすごくお時間がある方、是非お付き合いください。
http://www.hira-meki.com/blog/archives/1924

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
| Project |
2019/02/07
an-project

今回の照明は外構照明だけではなく建築の外壁を縦ストラクチャーのインパクトウォールとして見せ、その壁に照明を付けることで陰影を出し更にはそのディテールの細やかな陰影を意匠として見せるように配慮しています。ド派手な過剰演出は近隣への配慮を欠いたものになるので、上下配光で出来る限り壁面だけを照射するように配置し、外構照明とのマッチングを調整しています。照明器具の数、種類はとにかく最小限となるように心がけるようにデザインしています。写真はインスタグラムにも数枚アップしてみました。お暇な方、どうぞご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
| Corporate |
2019/02/03
target insight

ブログを更新しました。建売プロジェクトを進めていくうえで、どのようなターゲットに訴求していくか?そのターゲットはどのような気持ちで家を買おうと考えるか?家探しをしている人へ適切な商品企画はどうしていくのか?半端な気持ちと半端な企画が半端なものを作り、結局儲からない顛末を迎えてしまう。こんなことにならないようにシッカリとターゲットを絞り、コンセプトワークを作るという事がいかに大切か?ということを一般論を交えて簡単にブログにしてみました。お時間のある方、どうぞお付き合いください。

http://www.hira-meki.com/blog/archives/1905

このエントリーをはてなブックマークに追加
| Project |
2019/02/01
completion

基本計画から実施設計さらには設計監理まで長期間に渡って関わってきたプロジェクトが先日の竣工検査を経て完成いたしました。施設としては完成したのですが、ハウスラボの位置づけがやはり従来の管理棟になってしまっているので、少しだけプラスアルファのコンセプト提案したいと思います。このハウスラボに充実した書籍が不可欠で、家のカタログや月刊誌以外に家に関する絵本、不動産に関する本や漫画、家をテーマにした映画やドラマ、音楽、家族や人に関する本、色に関する本、地域や風土などを紹介する本など、今の時代だとストレート過ぎる情報はすべてインターネットの情報で事足りてしまうので、それ以外の脱線した情報いわゆる少し無駄だと思えるようなことを知ることができる空間にしたいと考えています。今回のように設計以外の情報提供は建売プロジェクトにおいても同様で、様々な関与をHIRAMEKIでは行っていますので、何なりとお申し付けください。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
| Project |
2019/01/26
different

量産型の建売住宅は無意識のうちに全体を一つのテーマやコンセプトから全体の世界観を作り上げていく。これが普通で誰も何も疑いもせず世界中の街づくりの常識という感じであるが、それも一つの手法で間違いではない。ちょっと考え方を変えてみるのも面白いかなと思いながら、現在進行中のプロジェクトでは、街の中にある何らかのグループを作り、そのグループは一定のルールを持っているように考える。ゾーニングという大袈裟なものではなくて、もっと緩くそして伝わりやすいデザインテイストにしてみる。ビジュアルや美しさ、カッコよさが所有感を満たし、そのカッコよさ大切な機能として伝わる住宅地を作っていく。形や色をヘンテコに組み合わせるのではなく、やっぱり家のデザインは住まい手のアイデンティティであり、事業主から言えばブランド価値を高める商品としたいところ。小手先のエクステリアデザインや建物配置を自在に動かしたような単純なものではなく、良さを感じてもらえるようにデザインの耐久性を十分に考え抜き、自分の中のプロジェクトテーマをスーパーオリジナルという感じのプロジェクトが進行中である。ちなみに写真は本文と全く関係が無いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
| Project |
2019/01/26
engawa

テラス・ウッドデッキ≒縁側というお話。広さや利便性ばかりを求め続ける建売プロジェクトに小さな縁側というスタイルから物語を作る住宅。その空間で何をするのか?何ができるのか?維持管理や耐久性は如何なものか?一つのアイテムを単純に住宅に付与するだけでなく、使い方から住まい手の人生の物語の一部を演出するサポートができるのが建売プロジェクトの面白い所です。そんな小話をブログに書いてみました。お時間のある方で奇特な方のお付き合いをお願いいたします。
http://www.hira-meki.com/blog/archives/1899

トップ画像は、「縁側ナビ」さんからの写真です。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
| Project |
2019/01/25
bush

低木を密に植えてブッシュのような茂みを作る。青々とした緑は強い生命力を感じさせてくれます。ソリッドな石材と鉄板を用い、周りをフラットな芝生で覆うと単なる階段から庭の延長線になり、新しい雰囲気を建売プロジェクトに与えてくれます。この違いを感じるのは今の顧客ニーズに必ずあると思います。ガチガチのエクステリアも良いのですが、やっぱり新しいチャレンジで顧客ニーズを高めていくことは違いをキャッチしてくれる新たな顧客を作る必要な事だと思っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加