Topics
All
Categorys
Event
Project
Service
Award
Corporate
最新情報
| Project |
2020/11/07
紅葉

 

新しいプロジェクトの現場打合せへ。標高1200m台辺りは紅葉のピークを越えてしまいました。現地近くの高低差がある道路が素敵だったので寄り道して撮影してみました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
| Project |
2020/11/02
new-project

一つの大屋敷が建っていた場所を2分割し、新しい建売住宅を作るというプロジェクト。言葉だけ聞くと何でもないようなプロジェクトですが、計画に関わる人によって大きく街の風景が変わってくる。周辺の風景を新しい戸建てにも取り込み、地域全体の環境性を高めるのが我々の得意とするところです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
| Project |
2020/11/02
new-project

 

古いアパートを取り壊し、新しい木造賃貸を作る。様々な法的規制をクリアしつつ高低差ある敷地を上手く見せるというプロジェクト。

このエントリーをはてなブックマークに追加
| Project |
2020/11/02
new-project

 

いわゆる高級マンションの部類にあたる酒豪住宅プロジェクト。外部環境計画として外構と植栽のみデザインするのですが、既に決まっている建築計画を確認しながら、コンセプトや意味など全体を調整しながらプロジェクトに参加しています。※写真はイメージです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
| Project |
2020/11/02
new-project

公園を作るプロジェクト。見栄えや使いやすさ、施設の展開性などを考えながら全体計画を作り上げます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
| Project |
2020/11/02
new-project

珍しい取り組みなんですが、個人所有の新築別荘の外部環境及び中庭などの計画が完了し、着工しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
| Service |
2020/10/06
集合住宅

blog更新しました。グッドデザイン賞2020を受賞した集合住宅の写真をアップしてみました。

お時間がある方、ブログお付き合いください。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
| Project |
2020/10/03
新しいプロジェクト2

紹介しきれないプロジェクトも多いのですが、いわゆる小規模プロジェクトも複数進んでいます。すべてアップ出来ないのですが、限られた予算の中で、どこを見せたいのか?見て、住んで感じるコンセプトを確実に表現するのがポイント。予算のある個人住宅の庭づくりといわゆる建売の違いは表現する場所とコンセプトそれを美しく見せるのが大切になってきます。そんな中、このプロジェクトも恐らく成功した中の一つ。何でもないように見えるけど、色々な諸条件から出来ることをギリギリで攻めている感じです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
| Project |
2020/10/02
新しいプロジェクト

新しいプロジェクトが続いている。今日はその一つの現地立会い。広々した空間にポツリと家主を失ってしまった家屋。庭には果樹がいっぱい。近隣には大きな大木。周りを見渡すとどの家も庭を広く確保して、果樹が多く庭の手入れも行き届いているようだった。この空間を気に入っているのか?巣箱も多くあったりして、人も鳥もこの地を気に入っている気がした。既存の環境を活かすというよりも利用しつつ、もともとの環境以上のレベルアップが求められるプロジェクト。完成したら近隣を含め地域の風景の価値が高まっていくそんなカタチを考えている。建物の配棟から庭の場所や必要性、あと使いやすさと、とにかく環境性。これらを美しくまとめ上げるのが今回の仕事だと思っている。※写真は計画地対面の住宅先にあった松ぼっくり山。

このエントリーをはてなブックマークに追加
| Award |
2020/10/01
グッドデザイン賞2020受賞

グッドデザイン賞2020を受賞しました。

集合住宅で2年連続の受賞となりました。

場所は世田谷区等々力に位置する集合住宅で、HIRAMEKIでは外部環境から設計監理までデザイン関与させて頂いたプロジェクトになります。環境計画に当たっては、広域環境から計画地周辺の環境まで調査し、等々力渓谷と国分寺崖線の関係性など、独特な環境をこの地にも緑という環境とそれらを感じ取る住戸が必要と考えながら敷地の制限や美しさや維持管理等にも配慮し計画をしたものです。詳しくはブログに後程・・・。

※もう1件戸建プロジェクトを出品していたのですが、残念ながら受賞はなりませんでした。かなり自信があったのですが、他の受賞したプロジェクトをもう一度研究し、今一度これから必要とされる戸建環境を提供できるように頑張っていきたいと考えます。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加